雲南省大満喫
麗江・大理・昆明・石林6
旅行手続きなど(次ページ) 雲南省基礎データ Home Page 旅行記は、左端の「旅行日程など」をクリック


       ごあいさつ

 みなさん、こんにちは!mugifumiです。
 今回は、4,000年?の歴史が宿る国、中国、それも、多くの少数民族が暮らす雲南省に行ってきました。
 このツアーは、JTBさんの企画ですが、キャンセル待ちをして参加できたものでした。
 私達は、今年(2007年)の年末年始もなんとか海外旅行へ行きたいと考えていました。
 しかし、12月29日出発、1月3日帰国のもので、できれば添乗員さんが同行するものがよい、という条件だったものですから、なかなか希望に添ったツアーが見つかりませんでした。
 でも「行きたい!」と強い思いを持つと希望が叶えられるものなのですね。
 JTBさんには無理を言いましたが、すすめられたコースは二つありました。
 ひとつは、すぐに予約が可能な北のコースで、同じ中国の・・・なんと言ったかな?とにかく「寒い」ということが頭から離れず、このコースは最初から断念したのです。
 そして、もう一つが題名の雲南省でしたが、定員に達しており、その場で予約ができませんでした。
 仕方なしにキャンセル待ちにしたのですが、私達は、二組目だったこともあり、最終的には予約することができました。
 7年の12月29日から8年の1月3日までという相変わらず、忙しい日程となりましたが、北京でも西安でもない中国旅行は、初めてのことです。
  パンフには、昆明、麗江、大理、石林となっていますが、高地にある雲南で多くの少数民族の伝統や文化に触れることができました。
 あらためて中国の広大さと人口の多さ、そして、なにより中国が多民族国家であるとを認識したのものでした。
 さてさて、どんな旅行記になりますことやら!


 最初の訪問地<雲南省麗江:玉泉公園>

2007年12月29日〜2008年1月3日