<Portugal>
 連泊で巡るポルトガルの美しい町
や村12日間の旅

 <2013.3.5(火)~3.16(木)・ユーラシア旅行社>

    ~3月13日(水)旅行9日目  太陽が眩しい!晴れ~







                                  No.17


  ポルトガルの首都 リスボン(Lisbon)

   リスボンの朝

 この旅も終盤さしかかってきましたが、本日は、首都のリスボン観光です。
 宿泊しているホテルが5つ星ホテルなのに外観の写真がない!のですが、大きすぎて上手く撮影できませんでした。
 そこで、昨夜の到着時に撮影したものを参考に掲載しますので、ご覧ください。
 また、味の方は「イマイチ」の感のあったホテルのレストランでしたが、雰囲気が高級感に溢れていましたので、こちらもご覧いただければ幸いです。



  <ホテル DOM PEDRO> 

   <ホテルのレストラン> 

 さて、「〇〇の朝」という本論に戻っていただいて・・・まず、昨夜お世話になったドン・ペドロの評価を申し上げます。
 到着時の説明では。高貴な方も宿泊したという5つ星ホテルですが、夕食はいささか評価が低かったのですが、なかなかのもでした。
 ホテルといえば、二つのスーツケースが置けるのかが気になりますが、私たちの宿泊した部屋502号室は十分な広さがありました。また、ベッドもセミダブル、浴槽、シャワー、トイレなどの水回りも合格でしたから「高い評価」をつけたいところです。

 今日はモーニングコールがありませんが、9時00分出発で6時30分からH階(ロビー)のレストランで昼食ができるそうです。


  <生ハムなど大盛り!> 
 朝から食欲がある!ので、お皿が一つでは足りない?そうなのです。見るからに美味しそうでついつい手が出てしまいました。
 添乗員のNさんも珍しく「生ハム、チーズ、サーモンなど豪華な朝食」というメモを残していました。
 でも、小生は、「野菜なし!、卵は珍しく目玉焼き、マンゴー、イチゴをいただく。」また、「ヨーグルトは香りも良く最高!」と感じました。

 さて、このホテルは、リスボンの中心部のアモレイラスショッピングセンター付近にあり、旧市街の外側に位置しているようです。
 最初に訪問する
「ベレンの塔」「発見のモニュメント」があるベレン地区は、ホテルがある中心部から西に約6キロといった距離のようですから観光するには大変便利なようです。
 さて、そのリスボンですが、どんな街なのでしょうか?ここで、いつものちょっことガイドでご案内したします。



 【リスボン(Lisboa)ちょこっとガイド】

 ポルトガル語では、リスボアと発音するリスボン(英語ではLisbon)は、大西洋に注ぐテージョ川の河口から約12km上流にあるポルトガルの首都です。年間を通して温暖で「7つの丘の街」と呼ばれると呼ばれる起伏が激しい土地に約48万人、近郊を含めると約240万人が暮らしています。しかし、右記ペディアによりますと、原因は分かりませんが、1981年には807千人、都市圏人口300万人となっていたものが2011年には517千人になるなど年々減少しています。なお、市域の面積は84.8㎢ですから、人口密度はかなり高いと言えます。

 その歴史は古く、古代よりフェニキア人やカルタゴ人によって港として利用され、ローマ、イスラムの支配を経た後、1147年アルフォンソ1世がイスラム教徒から街を奪回し、1260年にはアルフォンソ3世がコインブラからリスボンに遷都しています。15世紀から始まる大航海時代にはアジアや南米との交易によって莫大な富がもたらされ、ジェロニモス修道院やベレンの塔といった壮麗な建築物が造られました。

 見どころとしては、「リベルダーデ通り周辺」、「バイシャ周辺」、「バイロ・アルト周辺」、「アルファマ周辺」、「ベレンと市西部」、「市北部」となっています。




 という見どころになっていますが、私たちは「ベレンと市西部」に向かいました。
 ここは、市中心部からテージョ川に沿って6kmほど西にあり、大航海時代の栄華を今に伝えるモニュメントが残り、世界文化遺産に登録されています。
 大航海時代というのは、15世紀初めのヨーロッパ列強が争っていた時代に、エンリケ航海王子が敢然と未知の海に乗り出し、海洋国家ポルトガルの創始者となった時代のことを指すそうです。

 さて、大航海時代の栄華を表すモニュメントですが、「国立馬車博物館」、「ジェロニモス修道院」、修道院の西塔中央にある「国立考古学博物館」、同じく西端の「海洋博物館」、さらに修道院の南でテージョ川沿いにある「発見のモニュメント」、同じく「ベレンの塔」などがあります。

 私たちは、最初に「ベレンの塔」を見学しましたが、近くで見えた光景をご覧ください。



  <テージョ川の光景> 

   <トーレ デ ベレン公園>

 上の2枚の写真は、ベレンの塔がある「トーレ デ ベレン公園」から撮影したものです。
 テージョ川には、ご覧のように「4月25日橋」が架かっていますので、その先には私たちが宿泊したホテルなどがあるリスボンの中心街があります。
 また、この公園の中の飛行機は、1922年にリスボンからブラジルのリオデジャネイロまでの大西洋横断飛行に用いられた飛行機のレプリカだそうですが、ここに到着してすぐにこの光景に出会ったのですから「これは何だろうか?」驚いてしまいました。
 そんなことより注目すべきは「ベレンの塔」ですよネ。


  <朝日に輝くベレンの塔> 

 「朝日に輝く!」などという俗っぽい言い方をするな!と皆様から叱られそうですが、青空に映える白いお城のようで本当に美しいものですね。だから、思わず大きなサイズで表示してしまいました。
 司馬遼太郎氏は、この塔のことを貴婦人がドレスの裾を広げている姿にたとえて「テージョ川の貴婦人」と表現したそうですが、まさにその通り!だと感じました。

 この塔は、マヌエル1世の命により建築家フランシスコ・デ・アルーダが指揮を執り、1520年に完成しました。最初は行き交う船の監視と河口を守る要塞としての役割でしたが、後に税関や灯台としても使われました。

 建物として見ますと、左下の細長い部分は、上の部分がテラスで中央には航海の無事を祈った聖母マリア像が置かれているそうです。その下は堡塁で、一番下が潮流により海水が入り込む「水牢」、その上が「火薬庫」、さらに、その上が窓に向かって大砲が並ぶ「砲台」となっています。

 などと説明しますと、塔の中を見学したように思うかも知れませんが、地球の歩き方からの引用です。
 続いて右側の建物ですが、1階が「司令官の間」、2階が「国王の間」、3階が「謁見の間」、4階が「礼拝堂」になっているそうです。
























次のページ(No.18)  前のページ(No.16) トップページ(No.1) 









 このページ(No.17)は、ポルトガルの首都リスボン観光を掲載しています。