中欧ロマン紀行に参加して


 2003年12月27日から2004年1月3日までの8日間、かみさんと二人で昨年のイタリア旅行に続き、夢のヨーロッパ旅行に出かけた。
 ちょっと、人気がなさそうなコースで心配であったが、かみさんの強い希望でこのコースを選び、大正解であった。
 この文章は、出発からの軌跡をたどって、写真集と一緒に保存しておくことである。 
 うまく記憶が蘇るか分からないが、まあ、いいか。


旅行1日目(わが家から成田空港、ウィーン、そして、ブタペストへ)
 朝、五十肩の右腕の痛みで目が覚める。
 昨日は、5時に起きて、6時に出発を計画していたが、外が妙に明るい。
 もしや、雪では?と思ったが、その通り、激しい降り方である。
 でも、道路を見ると、僅かに積もっている程度であり、車で成田に行くことに不安はなく、再び寝てしまう。

 肩の痛みと、時刻が気になったのか、再び目が覚めると、一面、銀世界である。
 かみさんが車で行くことに反対するな!と思いながら私も迷っている。
 外にでてみると、蜜柑の木が雪の重みで垂れ下がり、かなり雪が積もっていることを確認するが、なおも、道路の状況をみる。
 かみさんと話し合い、電車で行くことにするが、時間が気になり、京成上野駅に電話したり、パソコンで時刻表を確認したり、大慌てである。

 それでも、日暮里で予定のスカイライナーに乗ることができ、成田に8時30分頃到着する。
 集合時間が9時25分であるので、指定のDカウンターに荷物を置いて、2階の食堂に朝食を食べに行く。
 あまり美味しくなく、やたらに高いそばを食べる。

 受付が始まり、添乗員のHさんと初対面、受付と軽い説明の後、スーツケースを航空会社の指定のカウンターに持って行く。
 その後、参加者16名が全員集合し、Hさんの説明を受ける。
 ツアーのメンバーは、どういう人たちであろうか?と、気になるが、老若男女混合である。
 Hさんは、50歳前後?の女性であるが、この人、風邪気味なのか?
 咳をしていて、体調不安で私たちも不安になる。

 イラク関連で出国手続きが厳しいと聞いていたが、いつもと変わらないと思う。
 飛行機は、オーストリアとANAの共同運行便とのことであるが、実質はオーストリア航空の運行で、2人の日本人スタッフがいる。

 これから、12時間から13時間の長いフライトが始まり、トイレや食事、飲み物などが日本式ではないのかと考えていたら、飛行機は、北に向かっているではないか。
 ロシアのウラジオストックあたりから西進し、下界は一面の銀世界である。

 最初の食事は、日本風で食べやすい。お客がすべて日本人のせいでは?と思う。
 二回目は、軽いランチといった感じである。
 幸い、二人の席は、一番後ろの二人用の席でトイレにもスムーズに行くことができた。


               

旅行1日目(12月27日) 成田からウィーンへ、そしてブタペスト 
旅行2日目(12月28日 ブタペスト市内観光
旅行3日目(12月29日) ブラチスラバ市内観光
旅行4日目(12月30日) ウィーン市内観光(シェーンブルン宮殿、)
旅行5日目(12月31日) ウィーンからチェスキー・クルムロフ、プラハ
旅行6日目( 1月 1日) プラハ市内観光
旅行7日目( 1月 2日) 帰国
旅行8日目( 1月 3日) 成田空港到着 解散 
 ホームページ(mugifumi夫婦の海外旅行)に戻ります。