クロアチア・スロベニア・モンテネグロ・ボスニアヘルツェゴビナ12日間の旅
       <2010.5.23(日)~6.3(木)・阪急交通社>


    
mugifumiのあいさつ・目次~
 






                                  No.1


 ◆ 
あいさつ

 皆様、こんにちは!mugifumiです。
 クロアチアなど旧ユーゴの国々は、私達にとって縁のない遠い国であるばかりではなく、「ヨーロッパの火薬庫」などと言われていましたので、怖くて観光などに行ける所ではないと思っていました。

 では、なぜ訪問することになったかといいますと、2008年の12月から2009年の1月にかけて旅行した阪急交通さんの「とっておき南イタリア・シチリア島8日間の旅」で添乗員のS子さんから「クロアチアがよいですよ。」と聞き、また、ツアーメンバーの旅慣れた方(男性)からもドブルブニクのヌーディストの島など素晴らしい所だというお話を伺いましたので、怖い!という先入観が誤解に基づくものだと気がついたからです。

 今年の春の旅行は、JTBグランドツアーさんにお世話になって「トルコの12日間の旅」に是非、参加したいと思っていたのですが、前年より安くなると思っていたツアー代金が逆に値上がりをしていましたので、思わず腰が引けてしまったのです。

 結果的には、トルコが旧ユーゴの旅に振り替わったことになりますが、「これが良かった!」と言えるほど素晴らしい旅だったと思います。
 ユリアンアルプスの瞳であるブレッド湖、ヨーロッパ一の鍾乳洞ポストイナ、湖と滝が織りなす水のショーが見られるプリトヴィツェ湖畔国立公園など自然の美しさは想像以上でした。
 また、海や山などの自然と調和した赤い屋根が連なる街並は、不幸な戦争という歴史を乗り終えた人々の努力により蘇ったものだと聞きましたが、歴史と伝統・文化が感じられる本当に美しいものでした。

 「百聞は一見にしかず」です。皆さんも是非、旧ユーゴの国々を訪れてみてはいかがでしょうか!

 ああぁ、そうでした!国旗の説明が抜けていました。
 一番上がクロアチア、2番目がスロベニア、3番目がモンテネグロ、最後がボスニアへルツェゴビナです。(オーストリアは、省略しました。)


◆ ツアー参加者

 阪急交通さんでは、この地を訪れるツアーが3種類あったのですが、旅行期間が一番長い12日間のツアーに参加しました。
 ・ 参加人員<男性10名、女性14名、計24名、添乗
  員A子さん>
 ・ 現地でお世話になった皆さん<多数>
 

<プリトヴィッツェ国立公園> 

 ◆ ハプニング

 
最後に変な言葉が出て来た?実はこのツアーの出発日は、本当は24日だったのです。
 阪急交通社の責任ではないと思いますが、オーストリア航空のチケットがダブルブッキングになっていて、やむを得ず23日に繰り上がったのです。
 私達は、23日出発でも問題ありませんでしたが、会社に24日から休暇を取るなどと予定していた方などは、もしかしたら参加できなくなったかも知れませんね。

 ◆ 日程表

 これから、mugifumi夫婦の珍道中が始まります。
 下記の
「主な行き先」をクリックしてください。

  旅行日       主な行き先 
第1日目(5月23日)
成田空港~ウィーン~グラーツ
  <P2>
第2日目(5月24日)
グラーツからブレッド湖~ボストイナ~ロブラン
  <P3>
第3日目(5月25日) 
ロブラン~ザダール~シベニク
  <P9~>

第4日目(5月26日) シベニク、トロギール、スプリット、ネウム、オレビッチ、コルチュラ島   <P12~>
第5日目(5月27日)
コルチュラ島、オレビッチ、ドブロブニク
  <P19>
第6日目(5月28日)
ドブロブニク~コトル~ドブロヴニク 
  <P25>
第7日目(5月29日) 
ドブロヴニク~モスタル~サラエボ  <P28>
第8日目(5月30日)
サラエボ~ゴスピツァ
   <P30>
第9日目(5月31日) 
ゴスピツァ~プリトヴィッツェ~ゴスビツァ   
<P32>
第10日目(6月1日)
ゴスビツァ~ザグレブ~ウィーン
   <P36>
第11日目(6月2日)
ウィーン市内観光/編集後記
   <P40>
第12日目(6月3日) 
成田空港


ホームページ(mugifumi夫婦の海外旅行)










 ◆ お詫び この旅行記を執筆する前に「タトラ山麓とスロバキア周遊10間の旅」を書いて
  いますが、スロバキアとスロベニアの国旗を間違えてしまいました。
  お詫びして訂正いたします。

 ◆ この旅行記では、題名を「旧ユーゴスラビア4カ国」という省略形で表示します。